過去、看護師は専門学校で資格を取得するものというイメージがありました。それは看護科を置く大学が非常に少なく、ナース希望者には狭き門だったことなどが挙げられています。しかし、現在は看護科を設置する大学も増えてきており、大卒のナースも珍しくありません。これから看護師を目指す人は、どちらの進学が就職や転職で有利になるのでしょうか?


看護師を目指すなら大学が有利と現役ナースの意見がある

現役の看護師などは、学費の面で問題がないのであれば大卒をすすめるそうです。まず、専門学校卒と大卒では給与面で初任給から違いが出ること、勉強する時間が単純に2倍の4年間あることから、じっくりと看護の勉強をし、さらに養護教諭など看護に関連する資格を取得することも可能ということが挙げられています。また大学では卒業論文の量も違うと言われています。


役職や研究職を目指すなら大学を

初任給から変わってくるという病院もありますし、看護科を設置する大学が増えたことから、総合病院などでは大学卒業の看護師しか採用を行っていないということもあるそうです。また、看護師ではない仕事に転職するときにも、やはり大卒という学歴が助けてくれることも考えられるという意見が多いそうです。費用はかかりますが、学費の面で問題がなければ、大学を選ぶといいという意見が一般的といえるでしょう。

Comments closed.