看護師として、キャリアアップを目指したいと思っている若いナースもいるかと思います。ナースは資格を取って、働き始めたら終わりというわけではありません。より良い看護をめざし、現場でも新しいことをどんどん吸収しなくてはなりません。その中で昇進に役立つ資格をご紹介します。


専門看護師や認定看護師を目指す

専門看護師とは、特定分野の看護経験を積み、学習をした人が取得することができる資格です。この資格は5年以上の実務経験、この5年のうち3年は専門分野での実務経験を求められています。認定看護師とよく似ている名前ですが、専門看護は家族や患者さんだけでなく、病院や新人ナースの指導なども入る広範囲の資格です。一方で認定看護は、もっと細かい分野に分かれている資格で、現場のカウンセリングなどに近くなります。


病院のサポート体制も確認を

この資格を有することで、転職などでも非常に有利になるそうです。しかし研修などが日中に行われることから、一時的に仕事を休む必要が出てくると言われています。認定看護師の資格は半年の継続的な学習が義務付けられているので、この期間をどう扱うのかなども話し合わなくてはなりません。病院が費用を出してくれる、研修で休む期間に給与はどうなるのかなども様々なのだそうです。しっかり確認しましょう。

Comments closed.