看護師は、独特の仕事内容のせいか転職の割合が他の職業に比べて大きいといわれています。
人の命を扱う仕事ですから、やはりいろいろなものを犠牲にしないといけないのでしょう。
では、具体的にどんな理由で職場を変える人が多いのでしょうか?


看護師だって一人の人間である

職場を変える理由の大多数は、働き方にあるようです。
特に病院に勤務している看護師の場合、夜勤もあるので自分の生活に影響を及ぼしたりすることも多々あります。
シフト制をとっているところならまだ大丈夫ですが、そのような制度を採っておらず、朝から徹夜で働かされるところは問題アリです。
実際そのような働き方を強いられている看護師も多く、自分の健康や生活が犠牲になって辞職に追い込まれたというケースもあるようです。
いくら患者の命を守る役割を持っているとはいえ、ナースだって一人の人間ですし、各々の生活があります。
自分自身が資本ですので、それを破って無理を強いるところはやめておくべきなのです。


仕事量と給料が釣り合わない

もう一つ多いのが、お金の問題です。
一説によると、看護師は初任給がいいけれどもそこからなかなか上がっていかないようです。
平均以上の年収をもらっているとはいえ、仕事量と内容に応じて給料が上がっていかないのは本人にとってはきついでしょう。
今の額では全く納得が行かないから、転職をしてさらにいい給与をくれるところにいくという考えの人が多いようです。

Comments closed.