企業の医務室や健康管理室などで働く企業看護師が、転職先として大変人気があります。
病院などでの仕事は大変負荷が大きく、心身ともに疲れきってしまうこともあります。
そういったときに転職を考えるということもあり、病院を離れて企業の中で働く仕事に人気が集まるのでしょう。


<肉体的な負担が小さな職場>

病棟勤務の看護師の仕事の負担は大変なものです。
それに加え夜間勤務などもあれば、自分自身の健康を損なってしまうこともあります。
企業看護師はその企業に準じた就業時間で、休みもきちんと取ることができます。
もちろん夜勤などもありません。
企業の一社員として働きますので、収入こそ企業ごと一がいますが、一般的には日勤だけの看護師の給与に比べて高収入となる場合が多いようです。
認定産業看護師などの資格をとると、更に収入アップが狙えるようになります。
プライベートを充実させる余裕もできます。
ただしこのような求人の案件は、あまり公開ことはなく、専門的な転職サイトなどの非公開案件の中にあることが多いようです。
ただしそこまで数多くある求人ではありませんので、転職サイトで探す場合でも、複数のサイトに登録して根気よく時期を待つのがおすすめです。

最近では看護師へ転職されている方も少しずつ増えてきているようですが、実際にはどのくらいいらっしゃるのでしょうね。
ここで気になるのが看護師に必要なスキルだと思うのですが、最近では挨拶がきちんとできる方やコミュニケーション能力を持っている方が必要とされているそうです。
やはり挨拶が出来ないと良くありませんし、患者さんたちとコミュニケーションをとることも重要ですのでそういったものが求められているみたいですよ。


看護師はとても大きな力になる

看護師は患者さんの健康管理するだけではなくて、時には励ましたりして下さるのでとても大きな存在だと思うのですが、皆さんはどうでしょうか?
中には私も入院した時などに励まされたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これは個人差があるかもしれませんが、看護師に「大丈夫」といわれるとなんだか本当に大丈夫な気がするので不思議です。
特に小さいお子さんからしたらやっぱりそばにいてくれるだけでも安心するのではないでしょうか。


転職をする前に確認をしておこう

転職や就職をされる前にはきちんとその勤務先について調べておかれることをおすすめします。
給料や勤務形態については勿論ですが、職場の環境やどのくらいの年齢層なのかなど情報を集めておくのが良いかと思います。
夜勤についてはどうすれば良いのかなどについても調べておかれるのが良いですね。

看護師として、キャリアアップを目指したいと思っている若いナースもいるかと思います。ナースは資格を取って、働き始めたら終わりというわけではありません。より良い看護をめざし、現場でも新しいことをどんどん吸収しなくてはなりません。その中で昇進に役立つ資格をご紹介します。


専門看護師や認定看護師を目指す

専門看護師とは、特定分野の看護経験を積み、学習をした人が取得することができる資格です。この資格は5年以上の実務経験、この5年のうち3年は専門分野での実務経験を求められています。認定看護師とよく似ている名前ですが、専門看護は家族や患者さんだけでなく、病院や新人ナースの指導なども入る広範囲の資格です。一方で認定看護は、もっと細かい分野に分かれている資格で、現場のカウンセリングなどに近くなります。


病院のサポート体制も確認を

この資格を有することで、転職などでも非常に有利になるそうです。しかし研修などが日中に行われることから、一時的に仕事を休む必要が出てくると言われています。認定看護師の資格は半年の継続的な学習が義務付けられているので、この期間をどう扱うのかなども話し合わなくてはなりません。病院が費用を出してくれる、研修で休む期間に給与はどうなるのかなども様々なのだそうです。しっかり確認しましょう。

過去、看護師は専門学校で資格を取得するものというイメージがありました。それは看護科を置く大学が非常に少なく、ナース希望者には狭き門だったことなどが挙げられています。しかし、現在は看護科を設置する大学も増えてきており、大卒のナースも珍しくありません。これから看護師を目指す人は、どちらの進学が就職や転職で有利になるのでしょうか?


看護師を目指すなら大学が有利と現役ナースの意見がある

現役の看護師などは、学費の面で問題がないのであれば大卒をすすめるそうです。まず、専門学校卒と大卒では給与面で初任給から違いが出ること、勉強する時間が単純に2倍の4年間あることから、じっくりと看護の勉強をし、さらに養護教諭など看護に関連する資格を取得することも可能ということが挙げられています。また大学では卒業論文の量も違うと言われています。


役職や研究職を目指すなら大学を

初任給から変わってくるという病院もありますし、看護科を設置する大学が増えたことから、総合病院などでは大学卒業の看護師しか採用を行っていないということもあるそうです。また、看護師ではない仕事に転職するときにも、やはり大卒という学歴が助けてくれることも考えられるという意見が多いそうです。費用はかかりますが、学費の面で問題がなければ、大学を選ぶといいという意見が一般的といえるでしょう。

看護師というと女性の仕事というイメージがあります。転職サイトでも女性のイメージ写真が多く、資格所有者の中で男性はまだ1割にも満たないそうです。しかし、男性の看護師は徐々に増加してきていると言われています。また男性だけで見ると、将来」、ナースを希望する人は2割近く増加しているという統計結果も出ているそうです。


男性看護師だからできること

多くの病院で男性看護師に期待されるのは、やはり物理的な力や体力面だと言われています。そのため、一人で移動ができない患者さんや、力が必要となる科に配属されるケースが非常に多いそうです。精神科への配属が多いという説があるそうですが、この理由も症状によっては暴れだしてしまう患者さんなどがいるため、その患者さんを抑えるために男性ナースが起用されるのではないか、と言われているそうです。


お年寄りが多い現場にいくことも

もう一つ、介護の現場などでも男性看護師は活躍していると言われています。高齢者の中には気難しい男性などもいて、女性ナースが話しても、聞いてくれないということもあるそうです。まれなケースではありますが、女性に指示されることを快く思わない高齢者の男性もいるので、そのようなときに男性ナースがいることで、指示を聞いてもらいやすくなる、安全な看護をしやすい環境をつくることができるということもあると言われています。

看護師の資格は病院以外でも必要とされています。現在は介護施設も増加してきており、介護の現場でも看護師は活躍しているのです。病院以外で、看護師が転職し活躍できる場所も伴って増加してきていると言われています。実際に資格があることで働くことの可能な場所はどこがあるのでしょうか?


介護の現場で活躍する看護師

介護の現場では、多くのナースが活躍しています。最近、タンの吸引などがナースの指導下であれば介護士もできるようになりましたが、看護師以外は禁止されている医療行為というものもあります。介護もデイケアや訪問看護、高齢者宿泊施設などで仕事が変わってきます。ただし病院などと比較すると、ナースの判断が非常に大きな決定力を持っていることから、責任が重たすぎる、とプレッシャーに感じてしまう看護師もいるそうです。


人気の高い学校看護

私立の中学、高校や大学では養護教諭と別に保健室に常駐する学校看護という仕事があります。ここではけがや病気の生徒をケアすることがメインの仕事となります。この仕事は残業なども非常に少なく、休みも取れることから、既婚のナースに非常に人気が高いそうです。給与面では劣る部分もありますが、体調を最優先に、安定して仕事がしたいというナースや、仕事は続けたいが結婚しているので夜勤などのないところで働きたいというナースに人気なのだそうです。

看護師の求人広告などをよく見かけますが、皆さんは看護師が実際にどのような仕事をしているのかご存知でしょうか。
忙しくしているのはなんとなくわかるけれどその仕事内容について詳しく知っている方、もまだまだ多くないのではないかと思います。
各種検査の説明をしたり点滴や注射をするなど他にも患者さんに対しての仕事がたくさんあります。
問診や記録をとったりと色々やることが多いので確かに大変かもしれませんが、とてもやりがいのある仕事だと思います。


看護師の転職について

今では転職をしている看護師の方もいらっしゃるみたいで、その理由は人によって異なりますがご自分の成長につなげるために転職をされている方もいるみたいです。
他にも今の環境があまりご自分に合っていないという理由でされる方も中にはいらっしゃるみたいですよ。
私たちが思っているよりも皆さん行動されているのかもしれませんね。
最近ではそういった求人サイトも増えてきていますので、興味のある方や考えている方はぜひ一度覗かれてみてはどうでしょうか?


自分に合った環境を選ぼう

ここで大切なのがご自分に合った環境を選ばれることだと思います。
やはりこういった待遇があるから選んだ、というのでも良いかと思うのですが一番は環境なのだと思います。
どんなに待遇が良くても環境についていけなかったら後々辛くなってしまいます。
ですので、選ばれる前にはよく比較をして調べてみることをお勧めします。
まずは、少しずつでも良いので情報を集めて行きましょう。